2018年2月19日月曜日

春の萌をみつけてみよう!

2月は一年を通して一番寒い時期だとわかっていますが・・・
今年はことの外、寒い日が続いていますね。
そんな中、毎年2月は確定申告に取り掛かります。
それなりにまとまった時間が必要で、優先順位を一番にして集中しないと
なかなか捗らないので、ここと決めた時に一気に始めるのですが、
ちょうど冬季オリンピックが始まって、いつになくテレビを見てしまってます、汗。
でも、アスリートの方々から熱いものをたくさん頂き、
気持ちだけは少し寒さも吹き飛び、よし頑張ろう!!と思えたりしています。

そして、家の中には春の萌を感じるような花を生けて楽しんでいます。
この時期からは大好きな花の木が順々に出回りだすので、
あれもこれもと生けたくなる時期でもあるのです。
枝物のいいところは、季節の巡りにあわせて楽しめるところです。
そして、固い蕾の頃から開花まで長く楽しめるのも嬉しい。
1、2本あれば、いくつかに分けて生けるのもできます。


白蓮、姫水木、馬酔木、など早春の花の木祭り、笑

白蓮、馬酔木と花が咲きました。姫水木をレンギョウに変えて桜も少し。

こんな風に変化が楽しめて、蕾〜開花と季節のうつろいを感じることができます。



切り分けた枝は小さく、内裏びなと一緒にかざりました



そうだった、そうだった、と今年も内裏びなを慌てて出して、飾りました。
少し花も添えると、早春の花の木の下で仲睦まじく寄り添っているような・・・・
窓から差し込む光は確実に春の光になってきていて、
早春の花の木がより映えて、見ているだけで春がくるなぁと、感じられます。
みなさんも花の木、ぜひ生けてみてください!


それから春のご案内をひとつ。
グループ花展「秋うらら」から約一年半、「春うらら」をまた花仲間7人で開催します。
場所は同じく、横浜の三渓園内の茶店「待春軒」さんです。
秋とはまた違う春の花を楽しんでいただければと思います。
三渓園がとても素晴らしいところなので、散歩がてらいらしていただけると嬉しいです!








外はまだ寒いですが、縮まってばかりいないで、みつけてみましょう春の萌。
次の季節はもうそこらへんまで来ているはずですよ!!


2018年2月5日月曜日

立春です。春を呼び込んで!

2月に入り、節分、立春と迎えると、暦には春がやってきました。
とは言え、立春寒波とやらが日本を覆っているようで、なんとも寒い日が続いています。
東京でも朝は氷点下、日中も10℃に届かない日がほとんどで、
寒さ対策第一の洋服にも飽きてきて、いい加減嫌気がさしてきますね。
そんな「もうしばらくは寒いんだ・・・」と気持ちが落ち気味の辛い時期にくる
「立春」って、なんともありがたい言葉です。
体感はなくても希望を感じて頑張れそう。暦ってすごいですね。

そして、花も「春待つ」から「春呼ぶ」ような花を生けたくなってくる頃です。
2月の花レッスンはそんな花を集めてお待ちしています。
そして、お世話になっている私の部屋さんのルクア大阪店さまでは
リースの展示販売が始まりました。
昨年末の針葉樹のリースから季節は進み、深い緑に明るいグリーンや花色をあわせ
「立春のリース」をイメージして作りました。
晩冬から早春へ、季節の移り変わりを感じていただけると嬉しいです。





これから芽吹く色をぎゅーっと蓄えたような彩りに仕上げました。
みなさんに春を呼び込んでいただけますように!


そして、そして、月初めに兵庫に帰省をしてきました。
このところはこの時期の帰省が続いていて、寒い中、また京都散策へ。
今回は桂離宮、高台寺、詩仙堂と周り、それぞれの個性と違いを楽しみながら、
自然と一体となった作庭と建築物にランドスケープの原点を感じ、
心洗われる時間を過ごしてきました。
お昼にはステファンパンテルで京都ならではのフレンチを
目にも口にも美味しく頂いてきました。




桂離宮

高台寺

詩仙堂

五感で楽しむ美味しいお料理



新緑や紅葉も見たいけど・・・人波ばかりになるのも・・・で、
毎度の事ながら「冬の京都」はおすすめです。
静かな空気に心が洗われる時間をすごしてチャージ、笑。
さあ、春はそこまで!!と、もうひと頑張りいたしましょう。

2018年1月21日日曜日

冬の花で春を待つ

大寒を迎えたとたん東京も雪予報です。さすが大寒ですね。
雪はロマンチックで好きですが、東京の雪は・・・やっかいです。
私は車で荷物を運ぶことも多いのですが、スタッドレスもチェーンも持っていないので、
雪予報が出るとハラハラ。
自然現象は仕方ないので、その時なんとか対処しよう!!と、
そんな感じで30年近く乗り切ってきました。笑。この冬も乗り切りたいと思います!

さて、前回書いた整理の話の続きを少し。
片付けて不要なものを整理していて気づいたこと。
「要るか要らないか?これはとっておこう。使おう。」と残したものの多くは、
1、買う時にしっかり考えて手に入れたもの。
2、少し高価だったけど、ちゃんと作られたもの。
3、間に合わせで買ったものでないもの。
などで、「えー、30年も前に買ったのか!!」と
自分で驚いたりするものも多々ありました。


もう32年になるフランスの柳のバスケット
飴色になってビンテージ感も出ています


写真の柳のカゴは一例で、永く愛着持って使えるものがあるのは嬉しいことです。
もちろん、衝動買いや失敗をしてわかったことでもありますし、
値段の高い安いでもないですし、今の私が気づいたことでもあります。
でも、なにか買い物をする時に上の3つ、少し参考にしてみてください。


で、少し花のことも。
花市場にはもう春の花がいっぱい並んでいますが、
カラフルな春の花はもう少しあとにして、冬は冬らしく、生けて楽しんでいます。



ナズナと啓翁桜と椿
皆早春の花ではありますが、控えめに

姫ミズキ、ガマズミ、スイセン、アリウムコワニー
冬の常緑樹と白い花でクールに


寒い寒いと言いながらも空を見上げると、木蓮や桜やミズキ・・・
樹々の芽が膨らんでいるのを発見します。
そんな「春を待つ」冬景色を生けるのが、この季節にはお似合いですね。






2018年1月7日日曜日

歳神さまをお迎えして

2018年、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
東京は晴天が続き穏やかな年初めの1週間でした。
冬空が澄み渡り、お正月特有の清々しさを感じますね。
仕事も4日からぼちぼちスタートしていますが、
松の内も明けるので、正月気分もいよいよちゃんと切り替えていかねば!です。

なんやかやと夏の終わりからはリース、お正月飾りなどの「作る」仕事が多くなり、
材料とダンボールに囲まれての生活をしていましたので、
外の仕事を納めてからまずは片付けをして、
その流れで気になっていた場所の片付けと掃除をして新年を迎えました。
仕事とプライベートの境界線が少ない生活をしている中での片付けのひとつに
「要らないものを捨てる」がありました。
「要る」「要らない」の線引きも難しく、「何かで、仕事で、使うかも?」
というものが結構あちこちに眠って何年、みたいなものを
「要らないもの」と決めて処分することに。
代表としては「空き瓶」「空き缶」「空き箱」「布の切れ端」「半端な紙もの」
「撮影で作った小間物」「ドライになった植物」などなど。
結構ありますね・笑。そしてこれらにはすべて「可愛い」という前置きがあります。
そう、「可愛いからとっとく」といった類いのものたちです。
しかし、何年も眠っているし、上乗せして増えていくのですから、
たぶんこれからの仕事の内容も前とはまた少し変化もあるし、
年とともにもういいかな?と思う可愛さのものもあり、エイやっ!と処分しました。
整理しながら思ったことは、結局は「こんなに要らないだろう」なんですね。


棚の中も少し残してすっきり!


瓶も棚の中に少しだけ残して飾ると、本当にスッキリ見晴らしよくなりました。
断捨離とかミニマリズムとかにはそんなに興味はなくて、「過不足なく」が目標です。
なにかを決める時、「過不足なく」を自分のものさしとして持つように、
あらゆる事物が自分の中で過不足なく、そんな風に暮らしていけるといいなぁと。
なかなか難しいことですが、年末から年始に思った「これから」のこと。



大方の掃除が終わってからは、お飾りや鏡餅や花を飾って室礼に


これで無事歳神さまをお迎えできます。
おせちはお願いするので、お雑煮だけを作ります。
この辺りも、自分でそれでいいと決めてからは楽チンです。


まさり草の植木さんにお願いしたおせち

美味しいおせちは2日には完食し、量もちょうどよく、年始から過不足なし!笑
適当手抜きで、ゆっくり正月気分の年始になったので、映画を固め観したり。
劇場にも行きましたが、Amazon primeの見放題で気楽に気軽にで選んだり。








何本か観た中に、何気に選んだ中にたまたまフランス映画が3つ。
そういえばフランス映画、久しぶりだったかも?
どれもそれぞれになかなかいい映画でしたが、話違えどどれも柔らかな余韻がある。
それもフランス映画独特の良さかな?と思いました。

映画を観たり、本を読んだり、展覧会に出かけたり、時間とお金の使い方も
大切にして行きましょう。
整理する時にもうひとつ気づいたことがありました。
長くなるので、次回に続く!で。笑
みなさんにとって健やかな一年でありますように!!



2017年12月17日日曜日

本も植物も同じでした!

師走も半ばをすぎて、気ぜわしくなってきました。
クリスマスももうすぐですし、そのあとはお正月の準備です。
私はクリスマスの仕事は初旬に終えて、せっせとしめ飾りを作っています。
今年もたくさんのご注文をいただき感謝です。
そんなバタバタのなか、おやすみを作って板橋区立美術館へ行ってきました。
「世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦」という展覧会です。
公園の中に佇むこじんまりとした区立美術館ですが、充実の展示内容でした。


ガラスドアも装飾されていました!

展覧会ポスターも素敵

本の下にはタイトルと説明のキャプションがあり
その横に原画が数枚並ぶ構成

         



代表作「夜の木」の原画はどれも美しく楽しい
自然と生き物が一体となった絵などが並びます

オリッサ州の民芸品
民芸品、プリミティブなものにはほんと弱い


インドのさまざまな地域にその場所特有の民俗画というものがあり、民俗画家がいる。
また、さまざまな風習や、ストリーテラーによって語り継がれる民話がある。
そんな物や事が現代のデザインや考え方と交わって、素晴らしい絵本ができています。
今の世の中に、良き習わしや考え方を、自然にちゃんと伝えていけるって
そう簡単なことではないと思いますが、それを形にしているって素晴らしいですね。
温故知新でもあるのかな、と思います。
創設者の二人のインタビュービデオの中で「本と植物は同じで、必要な条件
良い環境を整えると大きく成長する。無理に育てようとするとうまくいかない」
というような事を話していました。
本と植物に例えられましたが、全てに結びつくなあと思います。
プリミティブ、土着、そこには根っこがあって脈々と今に繋がる、
そんな事をしっかりと感じる展覧会でした。
大地に根を張って、生きていきたいものですね!!
会期は1/8まで。よかったらご覧になってください。


部屋の中は作業の箱がいっぱいで、花を生けれていないので、
残ったひかげの蔓を丸めて壁に掛けてみました。
それだけでも箱だらけの部屋が生き生きしてきます。


下のソファにゴロンとなったら見えた景色が
きれいだったからパチリと


インプットもできたので、年末までもう一息頑張ります!
みなさんも良いクリスマスと年末をお過ごしくださいね。



2017年12月3日日曜日

クリスマスから迎春まで

師走を迎え、なにかと気ぜわしい時期になりました。
街々でもイルミネーションなどで、あちこち賑わっているようですね。
花の仕事に携わる仲間では「年が明けたらゆっくりご飯でも〜〜」
と言う会話が合言葉のような時期で「ようですね」と、
賑わいをよそ目にがんばる12月です。
私はと言うと、11月はほとんどお正月のしめ飾りの下ごしらえをし、
後半から12月のはじめはクリスマスのWSやレッスンで、
一度季節が逆回転して、またお正月に戻るという行ったり来たりです。
毎年思うのですが、クリスマスとお正月が近すぎますね〜〜〜、笑。


こちらは地域の子育て支援のWSでのリース

お届けのテーブルリース


11月の後半からはやっぱりこの時期ならではの針葉樹を使って
フレッシュなリースを作ります。香りもいいしクリスマスシーズンにはぴったり。
ここ何年かはモミを使わずに色々な針葉樹を数種類をミックスして
ユーカリなどグレイッシュなグリーンと合わせて作っています。
モミはかわいいし、クリスマスのシンボルでもありますが、
その分主張が強いので、個性が出にくいように思うのです。
自分らしく、冬の森のようなリースをシンプルにシックに作れたらいいなぁと
毎年ひそかに挑戦しています。



しめ飾りは定番品


そして10年近くなるでしょうか?しめ飾り作りも。
すっかり定番化した仕事のひとつです。
こちらは毎年決まったパターンの定番商品になりましたが、
やはり毎年少しずつより良く改良したり、工夫をしたりするのとともに、
新しいデザインを出すように頑張っています。
今年も新商品を出しますので、またお知らせしますね。
定番の物はひと足早く、私の部屋自由が丘店さまで販売がスタートしています。
その他8店舗さまではご予約も始まりました。
よかったらお近くのお店を覗いてみてください!



東急東横線のSトレインに初めて乗りました


円覚寺さんは大にぎわい

そんなバタバタシーズンのポツンと空いたお休みの日に、
友人と北鎌倉にご飯を食べに行きました。
食事のあとはぶらぶらと紅葉狩りを楽しみながら北鎌倉と長谷をお散歩。
なかなか秋は出かけられず、紅葉を見逃すことが多いのですが、
12月でもまだ紅葉が楽しめる関東ならではの休日になりました。


素敵なオードパルファムをいただきました


今まではなんとなく敬遠していた香りのものに、最近は年齢のせいか?
ちょっと興味が出ていたところ、友人から快気祝いにとオードパルファムを
いただきました。長年の友人はさすがだな〜〜〜!とびっくり嬉しいプレゼント。
なんだか愛用品になりそうなぴったりな香りです。
モチベーションアップの12月の始まり、さあ、年末まで香りとともに頑張ろう!!

2017年11月15日水曜日

冬の入り口の花

立冬がすぎて暦には冬がやってきましたが、
町ではようやく紅葉が見頃になる時季で、晩秋というのが実感です。
秋は大好きな季節なのですが、仕事も繁忙期に入るのも重なり、
けっこう急足で行ってしまうように思いますから、
もうしばらくは秋を楽しみたいなぁという気持ちがいつもあります。

そんな11月の半ば、今年最後の「野山の花の会:霜月」を開きました。
できるときは私も一緒に生けさせていただいています。
愛知から届く山採りの花草木。
箱から出して、水揚げをしたときも、そして生けるときも感じたのが、
「ああ、もう冬の入り口に立っているんだな。」ということ。
色づいた葉、咲く花、枝先の実にも冬を感じる錆び感、枯れ感と言うのでしょうか、
そんなものを見つけることができました。
同じ菊でもこんなに10月と違うんだな、と改めて思いました。
少し傷んだ花や葉も美しい。晩秋から冬の入り口の花ならではですね。


それぞれの動きもクセも活かして楽しいのは、野山の花



静かな風情に冬が来るのを感じました


野山の花はクセが強いものが多いです。自由に育ってますからね・笑。
だから生けるときはじっくりと見て、個性を生かす生け方を意識します。
じっくり見て、切る場所を考えて、、、と、とても勉強になると思います。
一期一会の花生けをより楽しむことができます。
また来春を楽しみにしましょうっと!!


そして本格的な冬がやってくる前に、冬支度を。
冬支度といえば、クリスマスの準備もポピュラーですね。
12月の花あわせレッスンは「クリスマスレッスン」です。
リースかアレンジメントから選んでいただいて、
それぞれの冬支度を楽しんでいただきます。



今年もフレッシュなリースを作ります

アレンジはブリキのプレートに
冬の森のようなアレンジメントを



今年は手作りリースで!!なんて思っている方は
よろしかったら一緒に作りましょう。
冬の入り口、冬支度、いかがですか?